スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私のブログ読者の皆様へ」

ホンちゃんからこんなもの貰いました。

これみた読者さんは全員やってください
見た人はコメント残して
自分もやる事

タイトルは
「私のブログ読者の皆様へ」
で統一

私をイメージするものを
この中から一つ選んで
ください


太陽











選択肢に「兎」がない事に不満を覚えます。
必ずやれと書いてありますが、持ち帰りはご随意に!
俺のイメージに当てはまるものがあればぜひコメント下さいませ^^
スポンサーサイト

おさぼり中

ブログ停滞中の榧中身です、今晩は。

年末で多用だとか、仕事に追われているとか、
風邪ひいて寝込んでいるとか…
そんな素敵(??)な事情で更新が出来ないのならまだ、
申し訳も立とうと言う物なのですが、
ただ単純にINさぼり中です、スミマセン;

それでも此方をご覧下さっている奇特な皆様、
本当にありがとうございます!!!

今後もぼちぼち更新しますので、
中々記事が増えなくても見捨てないでやって下さいませ。
平に、今後とも宜しくお願い致します!
 
 

[More...]

23、孤独

明けない夜はない。
何があっても、どんな時でも、必ず朝はやって来る。
それは誰にも等しく、だが不公平に。
そしてどんなに辛い日々も、永遠には続かない。
ただ幸せな日々がいつまでも続かないのと同様に。

「だから、嘆かなくて良い。頑張らなくて良い。独りで抱え込まなくて良い。」

貴方はそう言って笑った。辛い時は吐き出して、悲しい時は沢山泣いて、
優しい夜が明けたなら、切ない夜が明けたならまた、
俺は俺のまま歩き出せば良いのだと。

「それでも明日の訪れを拒む夜には、私が傍にいてやろう。
 強すぎる朝日に心を焼かれない様に、この背で光を和らげよう。
 涙が溢れて止まらないのなら、無に包んで隠してやる。」

人は独りでは生きていけない。況して独りで生まれて来る訳でもない。
父がいて、母がいて、自分が初めて生じる。
どれだけ独りになろうとしても、どんなに孤独を感じても、
それは決して『孤独になった』のではなく、『孤独にした』だけだ。
周囲を全くの『無』にして、『我唯独り』の状況を作るのは、
自分であって他人ではない。
俺自身が、君自身が何処かに手を差し伸べようするのなら、
何かに心を傾けるのなら、それは決して孤独や孤軍奮闘ではなくて、
いつか訪れる明るい未来の為の序章に過ぎない。
明日なんて来なければ良い、この夜がずっと続けば良い、
幾らそう願っても実際に叶った事はない。
死ぬほど悲しい事があって、死ぬほど悲しい気持ちになっても、
俺は今まで一度も死んだ事はない。
だから、頑張らなくて良いのだと思う。
無理して頑張る事を、頑張るとは言わない。
頑張ると言うのは、無理をしない事だ。
出来る事を出来るだけ、出来る限り精一杯やる事を、『頑張る』と言うのだ。

だから、後、もう少し………
 
 
――後もう、5分だけ……
 
 

[More...]

プロフィール

榧

Author:榧
Server:ベテルギウス
Job:精霊師
Guild:BLOOM
Character:うさぎ至上主義。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

いらっしゃいませ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © 榧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。