スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33、胃袋管理人

そろそろ日も暮れる頃、祖龍西門でホンランと落ち合った俺は、
夕飯を御馳走になる前に用事を済ませたいからと、
幼馴染を連れ立ってビスカリの元へ急いだ。
饅頭には砂糖がふんだんに使われているから足は速くないだろうが、
余り持ちっ放しにしていて味が落ちても困る。何より、この依頼は早く済ませたい。

「ご依頼の品、持って参りました。」

相変わらず人の通行に差し障りある場所に立つ女性へと歩み寄ると、
俺は軽く頭を下げて饅頭を差し出した。

「おお、大儀であった!」

ビスカリはそれを嬉しそうに受け取り、じっと眺めている。
それから突然、甘味へと一口齧りついて眉を顰めた。

(ねー、榧…この人どうしたの??)
(そもそも少し個性的なご婦人の様なんだ。)

それまで様子を見守っていたホンランが急にツツツ、と寄って来て
怪訝な表情を浮かべて小声で尋ねるので、俺も小声で遠回しな答えを返した。

「これは違う!」

と、突然女性が鋭い声を上げる。
渡した饅頭を一気に頬張り、ゴクンと呑みこんで不満げな表情を浮かべた。

「その割には、今一気食いしましたよね…?」

思わず口が滑る。が、幸い相手の気にならなかったようで、
彼女は一つだけ残った饅頭を俺に押し付けると
相変わらず高飛車な態度で次の指令を言い放った。

「祖龍の城にも、饅頭に造詣の深い人物がいるらしいのよ。
 城南のハーマスカと言う男だ、話を聞いて来て欲しい。」

断りたいのは山々だが、どうにもお断り出来る雰囲気ではない。
俺は渋々頷くと、一つだけ残った饅頭を手に、幼馴染を引き連れて城南へと向かった。
ハーマスカはどうやら老舗の露天商らしい。通り掛かりの人に尋ねると、
すぐに居場所が分かった。どうにも点心屋台を開いている男だそうで、
指定された場所からは美味しそうな香りが漂って来る。

「あの、済みません、ハーマスカさんですか?」

そろそろ月も昇ろうかと言う時刻、屋台を仕舞う準備中の彼は
俺の声に気づいてぱっと顔を上げた。見た感じは割と普通の人である。

「ああ、そうだけど?何か用事かい、兄ちゃん。」

作業を中断させられてやや不機嫌な男が訝しげな様子で此方を見ている。
俺はふたたび詫びの言葉を述べると、ビスカリに預かった饅頭をそっと差し出した。
それから、彼を訪ねた経緯をゆっくり話した。
 
 

[More...]

スポンサーサイト

いいもの貰った♡

タグさんが描いて下さいました!

とぅるさんとエンリケ姐さんです!!

親友

元気で頼りがいのあるエンリケ姐さんと
お茶目で愛らしいとぅるさんのイメージがすっごく良く出ていて、
1人で見るのは勿体ないので掲載許可を取って載せてみました!
うーん、癒される…(幸)

くるん。

タグさんのサブ魔導師、Vali(通称『兄貴』)が
変な服新ファッション買ったそうなので、早速着せてみました。

↓勿論、この人に。
成金ホンちゃん
サーカスって言うより成金。

どうせなので、一緒に写ってみました。
成金と一緒。
サーカスと言うより、成金です。
兄貴いわく、ホストクラブのオーナーに見えるとかwww
Vali、必死でフォローするの図
ムリスンナ…

[More...]

滅多にない事。

うちのうさこちゃん、強そうとは言われても、
可愛いと言われる事は余りありません。
たまに父ちゃん(ホンちゃん)がいってくれるくらいです。
や、別にいいけど。

滅多にないのでss撮っとこう。
そんなうさこが、玲紋さんに抱っこなんてしてもらってる図。
いやー、滅多にないんでSS撮って見た。
なかなか新鮮ですwww


ついつい。

ついこの間まで
MOBきょさん
だったあの人が、

戻ってきたきょさん
に戻っていたので

素直と単純は紙一重
わんこっぽいのでつい…
こんな事してみました。

お手…
…そんなんでいいの!?

お花見シーズン。

ホンちゃんの住処では今頃桜が咲き始め、
タグさんの住処では丁度桜満開だそうです。
かく言う俺の家の近所ではすっかり桜散ってます。
ってか、庭の躑躅が見事に花開いてます。
いや、日本は長いですね…
 
 

[More...]

お手伝って来た!

エンリケ姐さんのウィケメンサブ魔道クンのお手伝いで59D行ってきました!
お手伝いですよ?!…いつも手伝われてばかりの俺が。
――成長したなぁ…(ホロリ)

ユミダラケ!
ってか、なんだろう、この弓だらけのPT編成…www

途中でやたら足の速くなるバフ貰って壁に激突したりして大喜び。ww
そしてこのPTでの精霊さんは割と遊んでいても良い感じでした。
余り手伝いになってません…^^;

レイン・レイン・レイン
四重奏レインなんかあったりして。
四重奏くるんのSSは取り損ないました><

いやはや、何時もの通りssは余り取っていないのでアレですが…
とっても楽しかったです><b

エンリ姐さん、誘って下って有難うございました!

32、思い出と風の悪戯

涼やかな風が柔らかい草を揺らす。
湖畔に立ち、長閑な風景を眺めながら、俺は大きく伸びをした。

「良いお天気よねぇ。」

隣で同じように湖を眺めていた麗しの乙女、とぅる嬢がしみじみした口調で呟く。
本当に、と答えて微笑った。

「そう言えば、先刻は何か憂いていらっしゃる様子でしたが…どうかなさいましたか?」

水の弾く光を受けて、キラキラ眩しい彼女の横顔へと視線を向けて尋ねる。
大きな森色の瞳はずっと遠くに投げかけられ、春色の髪が風に巻く。
ただ長閑な、平和で長閑なだけの風景に、
1輪の花を添えたような乙女の姿がとても奇麗で胸が詰まった。

「んとね…、えへへー♡…大丈夫!――榧さんこそ、顔赤いけど大丈夫?」

問いかけの答えは何処か照れたような笑みの向こうに消える。
それから上体を少し屈め、此方を覗き込んで来る彼女の仕草に、
俺の心臓はいちいちドギマギして思わず視線を外した。

「あー、カヤさんが照れて赤くなってるー。何かよからぬ事考えてるんだー。」
「む…」

不意に背後から、わざわざ説明文っぽく棒読み口調で述べる声が届く。
振り返って睨め付ければ声の主たる少年戦士、Taglissがツーン、
と目を逸らせて言葉を続けた。

「ボクがいるの、忘れてませんか?――見てるこっちが恥ずかしいよ。」

何の事だか分からない風にきょとんと、とぅる嬢が首を傾げる。
普段から存在自体色々恥ずかしい奴に言われたくないと、
俺は無言のまま少年の額を叩いた。
 
 

[More...]

プロフィール

榧

Author:榧
Server:ベテルギウス
Job:精霊師
Guild:BLOOM
Character:うさぎ至上主義。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

いらっしゃいませ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © 榧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。