スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40、冷戦

祖龍の城に出てきて幾月。地理に慣れ、人混みにも随分耐性がついて来たと思う。
知合いも増えた。仕事だって、自分でそこそこはこなせるようになった。
そんな俺の様子伺いに時折訪ねて来るホンランが、
部屋を片付けろだとか食事をちゃんと摂れだとか、たまには顔を見せに来いだとか。
いちいち残して行く小言を聞き流すのも上手くなった。
呼吸をして、生活をして、他人と関わっている。
日々概ね良好、何の問題もない…ちゃんと、生きてる。

(ただ、貴方がいない以外は…)

宮付きに飾っていたメッセージカードを指先で突付く。パタン、と癖のある達筆が伏せた。

(ホンランに渡して送って貰うくらいなら、直接俺に手渡しすれば良いんだ、馬鹿師匠!)

心の中で悪態吐いてふと見た先、窓硝子に映った自分の表情が随分不貞腐れている。
まるで幼子のようだ。…苦笑が漏れる。俺は大きな溜息をつくと、ゆっくり立ち上がった。

(気分転換だ、どこかに出かけよう…)

外出準備に取り掛かろうとしたその時である。

――カーヤさーんっ!聞こえますかーッ!!!

元気の良い、少年の声。テーブルに置きっぱなしの箱からだ。
驚いて動きを止めると、その間にも大音量の呼び声が部屋を揺らしている。

「煩い!…叫ばなくても聞こえる、何用だ!?」

余りの騒がしさに思わず怒鳴り返せば、ひゃあ、と竦むような声が聞こえた。
続けて消え入りそうな“ゴメンナサイ”の一言と、あとはただ沈黙。

「…はぁ…悪い、怒ったんじゃなかったんだ――それで、タグさん?…要件は何です?」

気まずさに小さく吐息を洩らして己の大人げなさを詫び、声音で知れた相手の名を呼ぶ。
箱の向こうはホッとしたように一拍置いて、朗らかに言葉を綴り始めた。

――あ、ウン。実はお手伝いを頼みたくって。今から塔婆の寺院まで来れる?

「塔婆の寺院?…嗚呼、構いませんよ。30分以内には到着します。」

――良かった、助かるよ!
   …あ、あんまり急がないでいいから気を付けて来てね、何かあったらボク…

「は?君じゃあるまいし。何もないよ、でも有難う。…では、支度をして向かいます。」

用件だけの短い通信を切って準備を始める。どちらにせよ、気晴らしがしたかった。
今は何も考えずに、狩りをしているくらいが丁度良いと思った。
 
 

[More...]

スポンサーサイト

プロフィール

榧

Author:榧
Server:ベテルギウス
Job:精霊師
Guild:BLOOM
Character:うさぎ至上主義。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

いらっしゃいませ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © 榧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。