スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42、男子たるもの

木々の合間を縫って強い風が吹き抜ける。
そろそろ日没も近い。軽く身震いをすれば、
それまで遺跡で遊んでいたTaglissがおりてきて首を傾げた。

「榧さん、寒いなら僕の上着…」
「いや、いい!大丈夫!脱ぐな!」

ハードレザーの上着から腕を抜こうとする相手に制止の声をかける。
あれを脱いだら彼は確実に上半裸だ。

「…見てる方が寒い」

――色々な意味で……
と心の中でだけ付け加えて一歩後退されば、斜面に足を取られて上体が軽く傾く。

「そうだぞ、タグ。自分の体調管理もままならない癖に偉そうなヤツに気遣いなど必要ない」

トンッ、と…倒れかけた俺の背中を薄い胸板で支えて厭味を言うのは他ならぬValiだ。
意地の悪い物言いにムッとして見せても気にする様子はない。
無遠慮にこちらの肩を掴んでくるりと向かい合いにする。

「あの、お兄ちゃん…榧さん…」

辺りを包む険呑な雰囲気に、少年戦士が困ったような声を漏らした。

「冷えやすい体質なら、それなりの準備をしておくべきだろう?」

だが、魔導師は弟の声などお構いなしに厭味を続ける。
俺は正面切って相手の赤い瞳をじっと見据えた。

「大体、年下に心配をかけるなど、上に立つ者として……」

尚もブツブツと小言を垂れるValiの行動に、しかし思わず噴き出しかける。
何故なら彼は、そうして文句を言いつつも自分の首に巻いていたネッカチーフをするりと解いて、
俺の首元に巻き付けたのである。神経質そうな指先が器用にそれを結ぶ。
気難しいふりをして、お人よしなのはその弟と大差ない。

「…ハイ、以後気をつけます…」

俺は笑い出したいのを何とか堪えて素直に頷く。
Valiは眉根を寄せたしかめつらのままで鼻をならすと、

「ああ、そうしてくれ」

とだけ呟いて踵を返した。
いつの間にやら隣にならんだTaglissが誇らしげな表情で、そんな兄の背中を眺めている。
二人の姿を交互に見遣り、俺は小さく微笑った。

[More...]

スポンサーサイト

プロフィール

榧

Author:榧
Server:ベテルギウス
Job:精霊師
Guild:BLOOM
Character:うさぎ至上主義。

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

いらっしゃいませ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © 榧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。