スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40、冷戦

祖龍の城に出てきて幾月。地理に慣れ、人混みにも随分耐性がついて来たと思う。
知合いも増えた。仕事だって、自分でそこそこはこなせるようになった。
そんな俺の様子伺いに時折訪ねて来るホンランが、
部屋を片付けろだとか食事をちゃんと摂れだとか、たまには顔を見せに来いだとか。
いちいち残して行く小言を聞き流すのも上手くなった。
呼吸をして、生活をして、他人と関わっている。
日々概ね良好、何の問題もない…ちゃんと、生きてる。

(ただ、貴方がいない以外は…)

宮付きに飾っていたメッセージカードを指先で突付く。パタン、と癖のある達筆が伏せた。

(ホンランに渡して送って貰うくらいなら、直接俺に手渡しすれば良いんだ、馬鹿師匠!)

心の中で悪態吐いてふと見た先、窓硝子に映った自分の表情が随分不貞腐れている。
まるで幼子のようだ。…苦笑が漏れる。俺は大きな溜息をつくと、ゆっくり立ち上がった。

(気分転換だ、どこかに出かけよう…)

外出準備に取り掛かろうとしたその時である。

――カーヤさーんっ!聞こえますかーッ!!!

元気の良い、少年の声。テーブルに置きっぱなしの箱からだ。
驚いて動きを止めると、その間にも大音量の呼び声が部屋を揺らしている。

「煩い!…叫ばなくても聞こえる、何用だ!?」

余りの騒がしさに思わず怒鳴り返せば、ひゃあ、と竦むような声が聞こえた。
続けて消え入りそうな“ゴメンナサイ”の一言と、あとはただ沈黙。

「…はぁ…悪い、怒ったんじゃなかったんだ――それで、タグさん?…要件は何です?」

気まずさに小さく吐息を洩らして己の大人げなさを詫び、声音で知れた相手の名を呼ぶ。
箱の向こうはホッとしたように一拍置いて、朗らかに言葉を綴り始めた。

――あ、ウン。実はお手伝いを頼みたくって。今から塔婆の寺院まで来れる?

「塔婆の寺院?…嗚呼、構いませんよ。30分以内には到着します。」

――良かった、助かるよ!
   …あ、あんまり急がないでいいから気を付けて来てね、何かあったらボク…

「は?君じゃあるまいし。何もないよ、でも有難う。…では、支度をして向かいます。」

用件だけの短い通信を切って準備を始める。どちらにせよ、気晴らしがしたかった。
今は何も考えずに、狩りをしているくらいが丁度良いと思った。
 
 
 
40、冷戦
 
自ら定めた約束の時間に十分な余裕を持たせて目的地を目指す。
怨霊を引っかけないよう空路を行けば、予想よりずっと早く塔婆の寺院へと辿り着いた。

「あ、榧さん!早かったね、お久しぶり!」

相変わらず爽やかに手を振って迎えてくれるTagliss少年に会釈で答える。
待たせた事を詫びれば、相手は首を横に振って微笑んだ。

「大丈夫、そんなに待ってないから。お兄ちゃんとも合流したばかりだし。」

いわれてふと、彼の傍らを見る。
どこか面白くなさそうな表情をした、細身で長身の青年がそこにいた。
Taglissと同じプラチナブロンズの短髪をオールバックにした、神経質そうな人物である。

(兄と妹がいるって言ってたっけ。…それにしても、意外…割と美人なんだな…)

Taglissは長身で、戦士なだけに体格も良いが、顔立ちは穏やかで幼い。
受ける印象を言えば“可愛らしい”がしっくりくる。それに比べて、
並んだ兄らしき人物は、どちらかと言うと冷たい印象を持った辛口の美青年だ。

「……タグ…友人はもう少し考えて選べ。」

俺の視線に気づいたのか、青年は不愉快そうに、そもそも吊った短い眉を吊り上げ、
眠たげな奥二重の赤い垂れ目を顰めて彼の弟へとわざとらしく大きな声で言う。
言葉の真意に気付いて、俺は思わずむっとした。隠したつもりだが表情に出たのだろう。
友人の兄は、こちらをちらりと眺めて勝ち誇ったように口角を上げた。

(…何だ、こいつ…)

確かに俺の視線は不躾だったに違いない。けれど、ではこの男の不遜な態度はどうだろう。

「友人は選べても血縁者は選べないから、不幸ですよね。」

にっこりと笑みを作って青年に視線を合わせる。今度は相手が表情を変えた。
俺は作り笑顔を保ったまま、敢えて手袋は外さず右手を差し出した。

「初めまして、俺はご覧の通りエルフ族で精霊師の榧と申します。」
「……Valiだ。魔導師をやっている。――弟が世話になっているようだな?」

形式だけの挨拶を交わす。外見同様神経質そうな指先が俺の手に触れる。
噛みつくような赤い瞳と目があった。強く掴まれ、握られた手がギリッと軋む。
こちらも握る手にありったけの力を篭め、口だけ笑いながら相手を思いっきり睨み返した。

「うん、榧さんにはすっこくお世話になってるんだよ。
 …お兄ちゃんと榧さん、仲良くなってくれてボク嬉しいな♪」

不意に斜め上から無邪気な声が降って来る。
俺とValiを交互に見比べて楽しげな笑顔を浮かべるTaglissのものだ。
少年にはこの状況が仲良く挨拶を交わしているように見えるらしい。
俺は握っていた手を振り解くと、自らの胸元に引寄せて軽く摩った。
指先がジンジン痺れている。(残念ながら力では赤目の魔導師に敵わなかったのだ)

「随分と御目出度い頭だな…」

Taglissをチラリと一瞥して呟けば、

「八つ当たりはみっともないぞ。」

すかさず返ってくるのは弟よりも若干低めな兄の声。

「八つ当たり?…そんな事をしなければならないような目にあわせた自覚がおありですか?」

魔導師に意識を移して問い返す。
伏した視線をくいっと相手に流せば、彼は驚いたように動きを止めた。

「…め、たい、……な…」

小声で何か言われたような気がしたが、よく聞き取れないまま知らん振りをする。

「ああああの、2人とも…そろそろ行こうよ、ね?」

しん、と冷え込む雰囲気にはさすがに気付いたのか、慌てた様子でTaglissが叫んだ。
それまで此方を凝視していた魔導師のきつい目元だが、
ふわり、と優しくゆるんでその弟へと注がれる。

「ああ、そうだな。」

吃驚した。ValiがTaglissに向ける表情の、なんと穏やかで温かい事か。
こちらに向けて来る敵意紛いの態度とは雲泥の差だ。

(うっわコイツ絶対ブラコン…)

心の中で早口に呟きつつ、何故か幼馴染の生暖かい微笑みを思い出す。
――ここで思い出すのは、ホンランに大変失礼だ。

「ほら、榧さんも早く!」
「あ、嗚呼…分かった、行く。――ところで、何を手伝えば?」

寺院西の小道に出る兄弟を追って、今更のように呼び出しの意図を尋ねる。

「それはぁ…あそこにいる、百虎さん退治ですヨ!」
「フッ…腕が鳴るな…」
兄弟タッグマッチ

少し向こう。以前は人であったのか、だからこそ何か思いを残して彷徨うのか…
前傾姿勢の二足歩行で狭い範囲をうろうろとする怨霊。近寄る者には敵味方なく襲いかかる。

(戦士と魔導師、ね…まったく、血の気の多い事で……)

鋭い爪と牙を持ち、狂気に満ちた双眸を皓々と光らせる敵に向かって
挑むような笑みを浮かべる2人の姿を背後から眺め、
俺は本日もう何度も零している小さな溜息をまた漏らした。
 
 

Comment

2009.08.03 Mon 20:03  |  カヤさん・・・

絶対まどうし好きだよね。(ボソッ)

  • #-
  • Tagliss
  • URL

2009.08.05 Wed 13:48  |  Valiにーさんキターヽ(`▽´)/

かわいくて仕方が無い存在が居るってそれだけで幸せやね(*´∇`*)
タグさんといちゃいちゃ~っとして、敵意を超えた殺意の籠った視線で
Valiにーさんにグサグサ刺されたいわぁ(´▽`)ウットリw

  • #dS5vVngc
  • れもん
  • URL
  • Edit

2009.08.07 Fri 12:30  |  いらっしゃいませ

ようこそ、駄文の世界へ…

タグさん
うん、魔導師は魔導師の時点でポイント高いね。
でも兄貴はダメ!

れもんさん
どんだけMですか…いや、知ってたけど…
兄貴の殺意はねちっこそうですよ?ww

  • #-
  • URL

2009.08.18 Tue 03:40  |  

ValiさんってTagさんのお兄さんだったのねっwww
うん、納得^^

  • #-
  • えんりけ
  • URL

2009.10.26 Mon 21:49  |  遅くなりました><

えんり姐さん

ようこそ、駄文の世界へ…

そうですよ、Valiはタグの兄貴です
しかもブラコンですよ><b

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kaya0629.blog25.fc2.com/tb.php/200-a2a5017d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

榧

Author:榧
Server:ベテルギウス
Job:精霊師
Guild:BLOOM
Character:うさぎ至上主義。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

いらっしゃいませ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © 榧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。